科研費申請のプロであるURAによる科研費申請支援はじめました。

国公立および私立大学で科研費の申請書を添削しているURAによる申請書添削サービスをこれまで非公開で行ってきましたが、全国の研究者の方々の要望を受け、全国の大学および研究機関に所属する全研究者を対象とした申請支援を開始しました。
プロであるURAによる添削を受けたグループは、受けなかったグループと比較して、採択確率が20~30%程度上昇すると言われています(全国URA大学研究機構 科研費申請支援チームの独自調べ)。

※ URA: 「University Research Administrator」の略語。旧帝大を始めとする全国の大学に約1、500名が所属している。多くのURAが毎年一人あたり数十~数百の科研費の申請書の添削を担当している。